アピックヤマダ株式会社

ものづくりの原点 製品紹介 事業案内 販売・営業拠点 IR情報 会社情報 English 中文
事業案内

事業案内

モールディング事業

市場ニーズを速やかに反映。

量産効率の追求と、多品種少量生産への対応。 二極化する市場ニーズにお応えしています。

写真:オートモールド金型 商品開発サイクルがきわめて短縮化している現在、半導体製造においても、市場のニーズは二極化する傾向があります。
一方にはラインの高速安定稼働により低コストを実現し、一挙に市場へ投入することを目指す量産指向があり、その対極には少ロット品や試作、新規商品開発へのサンプル出荷に対応したフレキシビリティの高い生産体制への指向があります。
そしてこれからの半導体アセンブリラインでは、双方の指向を満たすことができ、全体を通じて高いスループットを実現することこそが重要です。この考え方に立って、アピックヤマダは、G-LINEシリーズをはじめとする、汎用性、高速性、効率性を徹底して追求したオートモールディングシステムを提供しています。

図:アピックヤマダモールディングシステム
モールディングシステムのリーディングメーカーとして タイムリーな商品開発を展開しています。

写真:モールド金型パーツモールディングのパイオニアであるアピックヤマダ。その象徴とも言えるのが、独自に開発したFAME®テクノロジーです。特殊フィルムを使用し、モールディングにおけるフラッシュの発生や金型摩耗を激減させたFAME®は、半導体生産の高信頼化に新たなブレークスルーを提供しました。
また、これからの生産設備に強く求められる省エネルギー、省排出物、省スペースという課題にも、早くから取り組みを進めており、その成果を各機種に反映させています。小型・クリーン・省エネルギーを追求するアピックヤマダのモールディング装置は、発売以来ユーザーから高い支持をいただいています。

Copyright © APIC YAMADA CORPORATION. All rights reserved.