アピックヤマダ株式会社

ものづくりの原点 製品紹介 事業案内 販売・営業拠点 IR情報 会社情報 English 中文
製品紹介

製品紹介

移載装置

お問合せ
ハンドララインナップ
ADM-2000
高速デバイスマウンター

電動化(HEV・EV)や高性能化が進む自動車は、電子制御装置の搭載が拡大。
電子制御装置は高い信頼性が求められ、多くの電子デバイス(コンデンサなど)・受動部品が搭載、内蔵されています。
ADM-2000は、それら電子デバイス・受動部品のデバイスマウンター装置として誕生しました。従来機よりも、設備の小型化と実装の高速化を実現し、デバイスの姿勢制御を行いながら任意の位置へ精度の高い実装を可能にさせると共に同時に検査も行う実装検査装置です。


特徴
・デュアルジェットディスペンサー搭載による高速ペースト塗布
・高速フライ画像処理と姿勢補正技術による高精度マウントを実現
・高い生産性と高速実装を可能にするマルチヘッドを採用
・QRコード、RFIDを活用したトレサビリティー機能を充実
MAPS-1000RE/RT
パッケージ高速搬送収納装置
写真:MAPS-1000RET
MAPS-1000RE(ARC-1000使用例)
この装置はMAPS-200Tの後継機として開発された装置で、オプション選択によりリングからエンボステープ、リングからトレイと多彩に対応します。さらに、ARC-1000との接続により、テープリールの自動交換が可能です。又、本機は、アピックヤマダが開発した高剛性、高精度のベルト搬
送機構により、素早く正確でミストの無いオペレーションが可能です。

ARC-1000
オートリールチェンジャー

ARC-1000は、MAPS-1000REなどのテープリール収納機用に開発された自動リールチェンジャーで、8本までの製品収納リールを自動的に交換し収納します。
A600
オートリールチェンジャー付、小型パッケージ対応高速検査・収納装置
写真:A600 ダイシングフレームから検査・テーピングまでをフルオートで水平搬送するテストハンドラーです。最新鋭の画像処理システムを搭載しアライメント精度を格段に向上致しました。収納には、オートリールチェンジャーを標準装備し、長時間の無人自動運転を可能としました。対象パッケージもCSP、BGA、QFN、SON、光デバイスなど、あらゆるパッケージに対応しております。

Copyright © APIC YAMADA CORPORATION. All rights reserved.